関東支店 技術第1チーム チームリーダー 佐藤 崇之 さん

工事が終わり、その建物が稼働した時の達成感は素晴らしい

三共冷熱に決めた理由

転職活動時、私は37歳で業界未経験。一般的な求人募集条件としては、選択肢が多くない年頃だと思います。今までの職種は営業であったり企画であったりという畑違いのもので、本心ではない言葉を口にしたり、やたら頭を下げて回る日々。度重なる転勤にも疲れていましたね。そこで、地元である福山で、“言葉”以外の技術を身に付け、「手に職」という仕事に就きたいと思ったわけです。ですからこの業界で、まったくの未経験である自分を採用してくれる会社があればお世話になろう、辛くしんどいのは当たり前、という覚悟で面接を受けた最初の会社が三共冷熱でした。

現在の業務内容

現在は関東支店(神奈川県川崎市)で技術第一チームのチームリーダーを務めています。関東支店における 技術第一チームとは、主に「横須賀米軍~民間空調冷設工事~食品冷凍設備工事」といった建築、給排水、空調のジャンルの工事を行っており、その中で私は現場代理人(監督)の立場にあたります。具体的には、材料の調達から職人さんの手配、工程と安全とお金の管理を総合的に行います。守備範囲が広いので、視野の広さ、知識の豊富さと何よりチャレンジ精神が必要です。チームリーダーは工事も勿論行いますが、同じチームメンバーのスケジュール管理から休日や体調、メンタルの管理、申請書類のチェック等も含まれます。

三共冷熱の魅力

会社の好きなところについては、「無駄とムラと無理」がまだ残っているところ。これは「悪い事」と受け取られがちですが、逆の見方をすれば楽しい要素があるということです。以前読んだ本に「無駄が人生を豊かにし、ムラが生活を刺激的にし、無理で人は成長する」というのがありました。確かに無駄・ムラ・無理が多すぎる会社は問題がありますが、三共冷熱は「適度」にそれが残っています。残してあるというのが正しいのかもしれません。物件ごとに毎回違う工事があり、毎回違う作戦が必要で、毎回違う成功と失敗がある。入社以来毎年、前年より何かしら成長した事を感じつつ働いています。

入社を検討されている方へ

工事中は大変忙しく、精神的にも肉体的にも疲労困憊することが多くあります。でも、工事が終わり、その建物が稼働した時の達成感は素晴らしく、それまでの苦労をすっかり忘れます。俗にいう「地図に残る仕事」から、みなさん一度は口にしたことがある物の保冷温度管理まで、業務は広範囲に及びます。子供にどんな仕事をしているのか聞かれたとき、関わった建物や食品を話すと大抵驚かれ、ちょっと鼻が高いです。三共冷熱は意外といろいろな方面の有名企業、施設に関わっています。あなたも一緒に疲労困憊し、一緒に成長しませんか?

採用に関するお問い合わせはこちらから

(担当:総務部 佐藤)

お問い合わせフォーム